■ からだ塾日記 菅生SC Vol.67,スタジオピボットVol.20 ■

160213 - 18.jpg
快晴の土曜日にいつものからだ塾デイ。
大縄跳びに燃えて、全員跳びも大成功★
跳び石トランポリンはお寿司ボードとセット。
160213 - 16.jpg
親子でからだチェック、これはスタジオピボットも同じで
太もも裏側伸ばしをしっかりと。
160213 - 10.jpg
スタジオピボットクラスは、はじめまして、の小学生がいましたが、
娘曰く「はじめての人がいたから、コースが簡単だったね」と(笑
160213 - 13.jpg
次回、3月12日ですが、スタジオピボットクラスには、
こんなものが出来上がります!
160212 - ボルダリング1.jpg
きちんと足にあった「靴」で、ご参加ください、とご案内済み。
本日18:00配信のメルマガでは、こども靴に思うことを書きました。
小児靴の考え方は、欧米志向優位。
しかし、違うんですよ・・・
「そもそも日本人の股関節はすり足・草履の文化からはじまった」
骨盤と股関節のセッティングが違うのですから、、、
同じ考え方で靴を捉えて、本当にいいのでしょうか?
そんな疑問を持ちつつ、、、これは、こどものからだラボで研究テーマにも
なりえています。
そんな中、娘の足は激変しています。
足裏を2歳から撮り続けているからこそ、この激変に気づく、とも言えます。
意識しすぎ、かもしれません・・・でも、やっぱりその前兆があったから、
ここまで意識を向けられる。
それは、私の足にそっくりだったからです。
内股人生から脱皮するのに、時間もお金もかかりました。
だからこそ・・・
なんてなが〜いつぶやきを本日18:00に配信です。
広嶋さんとのコラボセミナーは、
明日20時にセミナー申し込みのフォームが開きます!
現在、修正・編集中ですが、詳細はこちらよりご覧になれます。
http://www.reservestock.jp/events/106912

カテゴリー: こどものからだ日記