■ セミナーレポート O脚・X脚と骨盤の関係 ■

先週土曜日の雨上がりの午後。
新宿・朝日カルチャーセンターさんでイベント
年1回くらいは土曜日のイベントを開催して頂いています。
今回は「O脚・X脚と骨盤の関係」というテーマ。
150516-01.jpg
「はじめまして」の皆さんばかりでとても嬉しく思いました★
ながーいリピーターさんもご参加頂いており、継続する事の
大切さもご理解頂けているのかな?とも。
脚のカタチは、骨盤と股関節の状態に加えて、足首・足裏・足指も
大切ですよ、という「感覚」と「動き」を繋ぐレッスンをたくさん
行いました。
とっても地味な動きなので、簡単だけどやった感がしない、など
色々声もあるのですが、じっくり、ゆっくり感覚を追いながら動かすことで、
各関節がスムーズに動くのは間違いありません。
「感覚を出す」というツールに使った、デコボコ・イガイガボール、
100ショップのブラシ(ちょっととがっているもの)
IMG_8513.JPG
そして「ゆっくり動かす」
ここ、大事です。
感覚が鈍い箇所は、皮膚も厚め。
その辺りをゆっくり感覚がでるようにしていくと、動きがスムーズに。
脚の話しかしていませんが、全身同じです。
股関節・膝・足首を3カ所のチェック
150516-03.jpg
それぞれの動きが脚のカタチを作っていくので、
この三つを調整することが大切。
ただ、どうしても閉経後の女性は変化しにくいです。
関節の柔軟性は女性ホルモンが担っていたりするので、
男性の方が身体は固めですよね。
出産のために、女性はホルモン利用して緩む事が得意な性別でもあります。
閉経後の方と閉経前の方では変化するスピードは全く違います。
でも、継続することで変化は必ずできます。
日常の所作から意識をする事で、土踏まずがなかった方でも土踏まずができてきます。
1年とか2年とか長い時間かかるけれど、そこまで50年以上時間がかけて
ねじれとかゆがみが出てきたので、すぐに変化したら逆に怖いと思ってくださいね。
また、妊婦さんと産後の方も、同じアプローチだとちょっと難しい。
関節機能の柔軟性がとてもあるので、やりすぎに注意、でもあります。
自律神経のバランスを見ながら。
こつばん塾に実際いらして頂くと、自分にあったエクササイズを見つける事も
できます。
終わり頃にご質問頂きました方。
お教室が次の準備に入ってしまう為、話が尻切れトンボになってしまい申し訳ありません。
直接フォームよりご質問頂ければ、どのクラスが良いかお伝えできますので、ご連絡頂けますと幸いです。
参加して下さった皆様、ありがとうございました!
また、こつばん塾でお会いできると嬉しいです。
こつばん塾、次回は5/28(木)です。
ご参加お待ちしております!
最後に、セミナー写真撮影&エクササイズのサポートをしてくれた
宮崎愛弓さん、ありがとうございました★
からだで感じる解剖学・研究クラス在籍メンバー&ユルメディオイルクラス・全課程修了メンバーです。
三軒茶屋で整体院を運営中。
香木堂