■ 環境の変化にどう適応するか? ■

4月になりました
娘の保育園生活も5年目に突入。
無事に年中組に上がりました。
親友・心友の引越し
第二のお母さんだった保育士さんの異動が一気に重なり、彼女なりに乗り越えるのに必死じゃないかと。
さそり座さんですから、一ヶ月後くらいにどかっと来る気もしていて、ケアをどうしていくか試行錯誤。
6570C1BD-BF73-442F-BEF1-333CE010C4EB.jpg
両親の仕事の都合に振り回され、体調のアップダウンは繰り返し、なんとか無事に進級。
そして、新しい担任の先生との生活がスタートした今日。
環境の変化に順応しやすい子、順応し難い子といます。また、その順応の仕方も十人十色。
たまたま、うちの娘は順応が苦手で、本当に苦労した乳児期。
それがきっかけで、改めて「性格・性質」と「からだに起こること」の研究を再開。
出産を機に、実はずっとペンディングしていた占星術の知識を引っ張りだすことに。
明らかに環境の変化には順応できない、というか先読みし過ぎて、ということかもしれません。
変に状況判断ができてしまう子ども。
ケアは徹底的に…と思った入園が、5年前の今日の事。
あの日、まだ5ヶ月になったばかりの娘を一日中抱っこしてくれていた先生の異動は、覚悟していたけれど、私にとっても大打撃。
乳児期は仕事の波が押し寄せていた上に、授乳が頻回だったので、殆んど寝ていませんでした。
あの頃の生活はもうできないなーと。
授乳しながらパソコンで仕事していて、こんなのお客様となるママ達には絶対勧められない!と罪悪感の中での数年。そこを支えてくれた先生ですから。
最後の連絡帳は読みながら涙。
去年、この目黒川沿いのスタジオに出会って引っ越して、ようやくスタジオピボットが目指すべき方向がはっきりし見えてきました。
半年前に、占星術の学びも十年ぶりに再開。
色々と心の整理もできてきました。
この春、夫が立ち上げたこの会社も18年。
娘へのケアをしながら、私自身にも同じケアを施して、4/1を迎えました。
この窓から見える桜の景色に色々思いを馳せ…
B3402FF0-AB84-4F99-9BE5-902B1BC5BC3C.jpg
そして、順応が苦手な娘の為に、二週前からからだケアのアプローチ。これでなんとか、発熱もせずに進級を迎えられました
次は一ヶ月後に向けてのケアを。
こんな余裕が生まれたのも、引越しがきっかけ。
スタジオピボットがスタジオピボットらしくいられるように。
1E276CE6-A5AB-4918-8872-61373DB8FDB6.jpg
今朝のエントランスも桜満開。
少し気圧が下がっています。
花粉症の人
妊婦さん
浮腫みやすい人
ちょっと注意が必要です。
からだは温めてくださいね。
妊婦さんはお腹が張りやすくなります。
目の温湿布を八分音符
新社会人の皆さんも大きな節目。
素敵なスタートになりますように。
4/1の環境の変化は、子どもを持たなかったら、こんなに色々感じる事も無かったかと。
働く全てのお母さん達に深呼吸をーと伝えたい。
素敵な一年になりますように。