■ GO WILD 感じることの重要性 ■

60A4820D-FC99-46A9-AAC5-865569EB3D71.jpg
「脳を鍛えるには運動しかない!」の著者、ジョン・J・レイティ氏の講演会に参加してきました。
会場は平山の母校、日体大。
母校ゆえ、平山がお世話になった先生方も多くいらっしゃり、そこで出た言葉が
「おー久しぶり!異端児」
と(笑
平山の学生時代の様子が目に浮かぶようです。
学生時代から約八年いたというのですから、長いですよね。
レイティ氏、本当にあたたかいお人柄。
英語のスピーチに引き込まれてしまいました。
最新翻訳本が先行発売とあり、早速入手。
13419DF5-84EF-4E5D-9CFD-24BDDC10D750.jpg
この最新著書「GO WILD」についての解説もありました。
詳細は本に全部書いてあるよって笑っていましたが、食事、睡眠、運動、遊び、人との交流、瞑想、自然の中の動きなど…
そして、その何が大切なのか?をお話しされてました。
ざっくりまとめれば、野生を取り戻せってこと。
そうすれば、ホルモンバランスも良くなるよ、と。
ここでもまた、愛情ホルモンのオキシトシンの事が語られていました。
中でもそうだよねーと共感したのは、もし、このホルモンを人工的作ってしまったら…
受容器を破壊してしまうのでは?
と研究段階でいわれているそう。
自力で分泌できるからだ作りの重要性。
多分、このホルモンに限らず、あらゆる事が人間が本来もっている力を失わせてしまってい現代なのでは?
AWARENESS ANATOMYレジスタードマークで伝えたいことまさにこの事!
感覚受容器を使って人間本来のからだの機能を取り戻すこと。
今日は充実感たっぷりのお話し聞けて良い夢見れそうです(笑
一緒にお仕事している幼稚園の体育の先生も一緒に講演が聞けてさらに充実感増してます。
こどものからだだけじゃない!
育児をする保護者のからだも一緒にね。
そう、強くまた思う1日でした。

カテゴリー: ピボット日記