■ こどものからだ日記 菅生SC Vol.45 ■

sugao0517_1.jpgsugao0517_42.jpg
快晴の土曜日。
汗だくだくになるまで、大縄跳びを楽しみました。
sugao0517_35.jpg
参加者の多くは、来週運動会を控えています。
この運動会シーズン、毎年からだに何か起こっているのですが・・・
今年も、、です。
1週間前とあり、疲労感も強かったとは思うのですが、
足裏測定は逆に、むくみが取れていてスッキリ。
アーチが落ちている子はいなかったのです。
冬〜春にかけて、アーチが落ちている子が増えていて、
いつも注意信号を出していたのですが、
今回はすっきり★
sugao0517_6.jpg
それだけ、運動量が少ない日常なのですね。
環境の変化は本当に大きいと思っています。
6時間授業が増えて、椅子に座る時間も長くなりました。
これが姿勢が維持できていれば、問題ありません。
でも、骨盤が下がって猫背になり、呼吸機能が低下する・・・
風邪をひきやすい、喉が痛い、鼻水が治らない、風邪は治ったのに咳が止まらない
こんな症状がでやすい「からだの状態」であるのです。
運動会の練習で毎日運動しています。
それがちょうど良いのです。
でも、悪い面もあります。
ソーラン節(って見た事ない人の為に・・・こんな感じの踊り)
Youtubeからひっぱってきました。
股関節をたくさん動かすのです。
しかし、元々股関節の可動域に左右差がある子がやると、、、
固くて動いていない脚に負担がかかります。
それでも無理して動くので、、、
キャパを超えたときには、関節痛を起こします。
上半身のバランスがとれなければ、呼吸機能が低下します。
無理しないように踊る。
難しいと思うんです。
なので、、、今回は、その調整を行いました。
親子でからだチェックの時間で、股関節の左右差をチェックして、
からだの調整。
最初、固かった脚は、終わる頃には柔軟に。
これで1週間頑張って欲しいです!
からだ塾参加のお問い合せは下記URLを参照の上、
お申し込みフォームよりお願い致します。
お申し込みフォーム

カテゴリー: こどものからだ日記