■こつばんママのつぶやき ひなまつりの朝に想う■

おひなさま.JPG
あっという間に3月3日です。
去年のひなまつりを思い出せば・・・ブログを更新していない(汗
何故か3月というのはいつもバタバタとしている。
一昨年は、初節句。
おまけに、「こつばんくらぶ」をはじめて、ブログも書き始め。
なんとまぁ、産後半年以内によく動いたこと・・・
なんて想いを巡らせながらの朝、、、
先週、半年発熱せず、怪我ばかりだった娘がとうとう39°の熱発。
火曜日に明け方38°出ていたものの・・・翌日の仕事も色々考え
保育園は休ませ、実家で娘を見てもらって仕事をしました。
そのままゆるりと済むかなぁ、、、と思いきや、朝日カルチャーへ向かう中保育園からの電話(汗
「38度5分あるので・・・」
焦りました・・・インフルエンザ???何???
夫にすぐ電話をして迎えに行ってもらい、心配しながらの朝日カルチャー90分終了。
夜の仕事を増やすのは無理だよなぁ、とか色々巡りつつ帰宅。
翌朝、平熱まで下がったので保育園に連れていったら、
昼には電話で・・・
「お母さん、今日は39度6分あります・・・」
という・・・・
いやーーーインフルエンザ?と心配しつつ、昼過ぎにお迎えに行くと思ったより元気。
小児科で受診するも、特に何もなく薬を処方。
●季節の変り目であること。それも春一番が吹いた日
●両親ともに抱えていた仕事が一個終わった事
●仲良しのお友達が、弟くんが産まれるためにずーっとおやすみしていること
●2週間前に足の爪が化膿して、病院で処置した事と
  そのあたりから、夜泣きと寝言がひどくなる・・・
●メールチェックを含む、家で仕事をしている母に不満爆発
こんな諸々の理由が重なりに重なって、
身も心も疲労困憊だったのね。
全ての色んな事を調整し、夫にかなりの負担をかけ、
土日を全休に。
こんなのちょー久々。
娘と一緒に休日を過ごす週末となりました。
熱は土曜日の午前中には平熱に
「熱は下がった翌日が大事」
と、かつての師匠宮川さんが言っていた。
なので、昨日はお家の中で、お昼寝の合間に、
ちょこちょこ色んな遊びをした。
色んな思いが夜泣きと寝言にも表れ、
今朝はちょっとお疲れ気味で登園。
でも、久々にあえたお友達と手をつないで
きゃーきゃーはしゃいでいました。
この時間に電話がないということは、
再熱発は免れているか?
55%のお母さんは働いている現代。
色んなサポートが必要だと思う。
自分はどんなサポートが受けられて、
自分がどんなサポートができるのか?
改めて考えた休日。