■骨盤先生のからだコラム Vol.34 足首は固い?柔らかい?■

  • 夕方からプロ研究チームの勉強会がありました。足裏にあるメカノレセプターと言うセンサーがどんな働きをしていてどうからだに影響するのかを実際にからだを動かしながら学びました。勉強は感覚を感じ取る 実技がいちばんです。
  • 研究チームの勉強会で感じたのですが皆さん本当に足首固いですね。これを改善するだけでも大分変わるのですが、残念ながら自分の足首の固さに気付いている方はごくわずかです。
    スライド05.jpg
  • タブレットが薄くて頑丈なことを伝えるため、マイクロソフトのタブレットSurfaceをスケートボードにして乗るというパフォーマンスを披露したそうですがちょっとやりすぎな宣伝の感じもしますが、これくらい丈夫な方が私のような雑な使い手にはいいのかもしれないですね。 
  • オーストラリアでは幼児教育への投資の有効性が話題になっているそうです。民間に頼る部分が大きいオーストラリアの幼稚園・保育園も保育者の資格を上げるなど、様々な質向上の改革がなされているようです。日本も学ぶべき点は多いと思うのですがいかがでしょうか?
  • 赤ちゃんは、生まれたときからゆっくりと周囲を見回したり母親の乳首を求めて吸いついたりするなどの行動をとっていますがそれは“心のプログラム”で情報を求め、生きていくのに必要なものを取り入れているからだそうです。こんなに早くから生きて行く準備をしているのですね。 
  • ロコモティブシンドローム(運動器症候群)をご存知ですか?これは運動器に障害がでることで、ゆくゆくは寝たきりになってしまう原因になるものを示します。人生50年の時代ならいざ知らず70歳以上生きれる今若いうちから考えなければならない問題ですね。