■骨盤先生のからだコラム Vol.31  立って使う机■

  • 雑誌業界本当に元気がありませんが女性誌中心の宝島社は元気です。元気の秘密はマーケティングにあり こんなの見つけました。http://t.co/9ksXi37O 
  • ある調査で家族ドライブ旅行ではその旅の思い出を子どもは全体の91.5%が「覚えている」と答えたことに 対し、親は全体の約半数、54.5%が「同伴した子どもたちは覚えていないと思う」と答えているそうです。親が思っているより子供は旅行についてよく覚えているのですね。
  •  1日に4時間以上机の前に座っている人は、何らかの原因で死亡するリスクが50%近く増加し、心臓病を患うリスクは125%も増加するということで、立って使う仕事机があります。こちらですhttp://t.co/TTTtXWFW 
  • ヨーロッパで仕事をしている時代に自動車で移動する機会が多かったのですが、スイスでは非常に交通標識が見易かったことを覚えています。スイスの交通標識等に使われているフォントはFrutiger(フルティガー)といわれ別名「人間主義」のフォントとも言われています。
    このフルティガーをがマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究によると、カーナビなどのシステムの表示に使われるフォント(字体)として使われることによって運転時の注意力が向上すことが解ったそうです。そのフルティガーはこちら http://t.co/98FrmbK0