■骨盤先生のからだコラム Vol.20 からだと心の繋がり■

  • こどもたちが好きなスポーツのトップはアンケート調査でサッカーその後水泳、野球,体操と続くそうです。時代は変わったもので我々がこどもの頃はなんと言っても野球がトップでサッカー少年はあまりみかけなかったように思います。海外の試合が見れるようになったことも影響しているのかな?
  • 本日お相撲さんが教える四股トレ講座ににいって来ました。結構高齢の方も来ています。若い方より四股トレ効果を知っていて腰痛をはじめとするさまざまなトラブルに効果的であることを良くご存知あるようです。やはり自分から動かさないとからだは変わりませんね。
  • 四股トレの先生は元高砂部屋の力士で46歳まで現役を貫いた一の矢さんです。彼の経験から四股を詳しく分かり易く解説して頂き実技で覚えます。ともかく筋力ではなく骨、関節で動くことが大切であることを力説されていました。私も同感です来週もう一度あるので四股踏みを深めたいと思います
  • 今日のこどものからだ塾ではお母さんの背中をゆっくりペースで子共たちに触ってもららいました。部位によって固さが違うことを理解することで弾力性を感じ取って行きます。いつも言っているように。動く前に感じ取ることは大切でこどもたちの動きにも多少変化が見られた講座となりました。
  • IT企業で社員旅行や運動会などの一時は廃れたイベントが復活していているそうです。デジタライズされた今の世代にアナログ的な遊びを取り入れることで社内活性力に繋げているようですね。なんだ、かんだ言っても最後はヒトと言うことが再認識され出したのではないでしょうか? 
  • 最近クライアントさんを見ていて感じることは下腿(膝からした)のねじれが強い人が多く見受けられます。ヒールの影響なのか特に女性に多いように感じます。この部分一度かかめてしまうとなかなか緩み難いところで、なんとか効率的に固さを取り除くことが出来ないか色々模索中です。
  • からだと心のつながりは色々述べられてきているけど受け取る側に興味はあってもそれほど伝わりきっていないように思います。その原因として伝える側の伝え方にまだ力不足を感じます。私も含め伝える側は改善することで日常のどんなことにまで役に立つのかを説明できるようしたいものです。
  • ぶつからない車はぶつけない注意を常に払っている人が使うことで初めて役に立つのだと思います。ナビがなくてはいけない人より、ナビがなくてもいける人が運転した方が安全なのと同じでは?
  • 自分に感覚がないことが分からない人も増えてきています。例えば肩こりを感じたことがないと言っている人を触診してみるとからだ全体が固く無駄に力が入っているパターンが多いのですが、このようなひとほどじぶんの固さを感じ取っていません。感じたことがないのではなく本来感じることが感じ取れなくなってしまっているのです。肩こりが問題なのではなくそれを感じ取れないことが問題なのです。
    感覚の麻痺はじぶのからだであって自分がコントロールできない状態になりますから当然様々なトラブルは発生します。