■ピボット日記 9/29のからだ塾■

どよよーんとしたお天気でしたが、からだ塾が終わる頃には晴天に。
なんだか又日差しが戻ってきたみたいな・・・
でも、朝イチはこんな感じ。
pivot.0929_22.jpg
4Fの教室には、本当に心地良い秋風が吹き抜けています。
今日のからだ塾は、お休みさんもいたので少人数。
まずは、親子でからだチェックから。
固いの?柔らかいの?
どこが固まっている?
親子で触り合って、固い所をチェックします。
pivot.0929_21.jpgpivot.0929_20.jpgpivot.0929_19.jpgpivot.0929_18.jpg
こども達は足・ふくらはぎの固さが目立っていました。
お母さんは「背中」
肩こりのママも多いのですよね。
参加者のHちゃんは、ママは右の背中が固いよ、と分かりました。
そして「マウスをたくさん使うからね。きっとそれで右が固いんだ」
と原因まで推測。
こどもの視点はするどいです。
マウスを動かすと疲れることを知っているから分かるのだと
思いますが、固い、柔らかい?の感覚を知ることが
まずはじまり。
マッサージの代わりにもなる、からだチェック。
毎日触っていれば、おのずと、、、、
からだが固まっている日がわかるようになります。
からだくねくね運動

pivot.0929_1.jpg
今日は連続動作でゆっくり行いました。
こども達は「安定」という意味では、まだまだこれから。
学童期で「安定」できるからだ作りをしておくと、
中学生くらいからはじまる「高度」な動きがスムーズになります。
(野球、サッカー、バスケットなどのスポーツもレベルがぐぐっと上がります)
今はからだも軽いし動けるのがあたりまえ。
関節に委ねて安定する動きは、日常動作からはじまります。
難しい動きではなくて、関節からきちんと動くことを目的とする
「からだくねくね運動」
関節の動きがわかってくると、
こんなポーズもすぐにできるようになります。
れんくんビフォー.jpgれんくんアフター.jpg
「お寿司ボード」で股関節の可動範囲を拡げ、
肩甲骨から肩を動かせるようになります。
上半身と下半身が連動して動けるようになると、
姿勢を作る筋肉が緩んで整います。
pivot.0929_9.jpgpivot.0929_7.jpg

「飛び石トランポリン」

pivot.0929_3.jpg
足首が深く曲がるようになると、股関節の可動範囲もおのずと
拡がっていき、ジャンプをする時にからだ全体がバネのように
なり、安定します。
トランポリンの弾力を使い、さらに足首を深く曲げられるように
関節力トレーニング。
飛び石トランポリンで関節が深く動くことと、リズム感を
養います。
脱力していると、飛びやすなるんです。
体験するとよく分かる!
次回のからだ塾はお時間が変更になります。
参加者の方、体験クラスご希望の方は、忘れずにご予約ください。
次回10月13日(土)14:00〜15:30
体験クラスは随時参加可能です。
(初回無料)
体験クラス参加希望の方は
メールにてお申し込み下さい。
件名に「こどものからだ塾体験希望」
本文には
①お子さんのお名前(ふりがな)と年齢(学年)
②一緒に参加する保護者のお名前(ふりがな)
③お電話番号
を明記し、下記のメールアドレスにご連絡下さい。
workshop@studiopivot.com(担当:原田)
【体験時の注意】
●菅生スポーツ・コミュニティクラブに未入会の方は、スポーツ保険が適用されません。
 その旨、ご了承上ご参加をお願いいたします。
●親子で参加するクラスですので、お子さんだけでなく、一緒に参加される保護者の方も運動ができる格好でご参加下さい(Gパンなど股関節などが動かし難い服装は避けて下さい。)
上履きをご持参下さい。(夏場は裸足で行っております。)

カテゴリー: こどものからだ日記