■骨盤先生のからだコラムVol.4・からだは鍛える前に本来の位置に戻す■

  • 人類は直立二足歩行になるまで約600万年くらいかかっているようですが赤ちゃんが歩行を会得する約1年間のプロセスの中に600万年の進化が凝縮されています。
  • 赤ちゃんのよちよち歩きと老人の不安定な歩きはどこか似ていませんか?これは共に中殿筋と言うおしりの横の部分が関係してます。老人は中殿筋が固まってしまいからだを左右に振り歩行しますが赤ちゃんは中殿筋を使う為にからだを左右に振り歩行します。
  • 産後のケアーが話題になっていますが、そのケアーで本当に大切なのは鍛えることではなく、本来あるべきニュートラルポジションから逸脱してしまった各機能に気付くことが大切なのではないでしょうか?逸脱したまま鍛えればからだに負担になるだけですから
  • 鍛える前にニュートラルポジションに戻すことはとても大切で そう考えると産後は産前から対応した方がベストですよね 産前で確実なからだ作りをすることはすべてにおいてお産がスムーズになる要因だと思うのですが
  • こどもは自分で何をやれば良いのか分かっています。跳んだり、はねたり、からだが要求していることを感じかままに行っているだけですから、我々大人はこどもが楽しいと思いながら行っているこの運動をよりし易い環境に導いてあげれば良いのですよ。