「待つ」の大切さ・・・

  • 「待つ」の大切さを本当に感じた今朝。
    3日間べったりの娘はママと一緒にいたい病勃発。
    こんなに長い時間一緒にいたのは久しぶり。
    お熱も「心」の熱だったんじゃないかと思うくらい。
    今朝はなかなか離れず泣いていたのをじっと抱っこで待った。
    時計を見ながらハラハラしていたのはママの気持ち
    posted at 12:42:18
  • ハラハラしつつも、抱っこを十分にして、たくさんマッサージしたら。。。
    ある瞬間「アンパンマン!」と叫び、ご飯を食べてくれた。
    自分で切り替える準備をしてたんだね。
    その瞬間涙が出そうになった。待つって本当に大事。
    そんな余裕がない時もあるからこそ、ギリギリまで待つのが母の役目でもあるのか、と。
    posted at 12:44:01
  • 【追記】
    この「待つ」は大先輩ママの友人から教えてもらったこと。
    トリートメントをしているときも同じ。
    どんな時も「何かが起きている時」は「待つ」
    その人の準備ができて経過できるまで「待つ」
    「熱」も「感情」もかならず「経過」する。
    その「経過」を待てるのか待てないのか?

    待った方が、そのあとがずっとスムーズになることがわかっている。
    待てずに「止める」と、そのあとがと滞る。
    こどもはこの「経過」が本当に早いのだ。
    それを自分で子育てをして、実感したのがこのツイートを書いた日のこと。

  • とはいえ、保育園に到着したらギャン泣きで咳きこむ程泣いていたけれど、
    泣きながらハイタッチして先生に抱っこされた娘。
    頑張っている姿を見ると、自分自分も気持ちが引きしまる。
    今日も朝から三人の育児中のママのお話を聞いて、心が洗われました。
    暑さに負けていられない〜♪
    posted at 12:46:48
  • 「こつばんくらぶ」に参加したママから嬉しい報告が入った。
    「こつばんくらぶ」で「こどもの呼吸メンテナンス」と「足裏マッサージ&アロマの使い方」を実践。
    その日からぐっすり眠れるようになった男の子4歳の報告でした。
    posted at 12:49:35

7月の「こつばんくらぶ」レポート